HOME > WEB MAGAZINE > TIPS FOR GOOD COFFEE TIME #3



最近は、街でコーヒーショップをひんぱんに見かけます。
「どこで買うか」は重要な気がするものの、自分に合うお店を見つけるのは少し大変そう。
そこで今回は、信頼できるお店との出会い方・付き合い方ついて
「沖縄セラードコーヒー」の末吉業人さんにお話を伺います。
今回は特別に、奥さまの聡子さんもご登場です!


第三回 相談できるショップの見つけ方&付き合い方は?

編:今は安くて、美味しいコーヒーもたくさん出ていますね。お店で買う意味を、どんなふうに考えていらっしゃいますか?

末吉:コンビニのコーヒーとかも、本当に美味しくなってきていますよね。どこを選ぶかはお客さん次第です。ただし、ちょっと奮発して新鮮な豆を買い、ほんの少し手間をかけて淹れたコーヒーは、「あきらかに美味しい」んです。コーヒーを飲むときに、驚きと感動があった方が楽しいし、うれしいですよね。僕は、その体験がしてもらいたいと思っています。

編集:お客さんに「感動体験」をしてもらうのが、コーヒーショップに来てもらう理由ですね!味については、それぞれお店でどんな特徴を出しているんですか?

末吉:スペシャルティコーヒーは、お店の傾向が出ると思います。ちゃんとしているお店は、ほかでは感じられないような味づくりを目指しているはず。「うちとして、美味しいコーヒーはこういうものです」という新しいラインナップを考えていると思います。

編:味わう側としてそれが「美味しい!」と感じられれば、お付き合いするお店に選んでよし、というわけですね。

末吉:あとは、どういうコーヒーを買っていって、家で飲んでもらいたいかを考えているお店。
チェックポイントは、淹れ方をアドバイスしてくれるかどうか、です。

編:たしかに、せっかく買うなら、お店でだけじゃなくて、「家で」その味をできるだけ再現できたら嬉しいです。

末吉:淹れ方で味は変わります。液体になるまでの過程をつくってあげるのもお店の仕事。淹れ方を面倒くさがって教えないようなところは、僕はコーヒーショップとして失敗だと思っています。焼き肉屋さんと同じですよ。「これはレアで10秒焼くといい」などとちょっとアドバイスしてくれれば、一番美味しい食べ方ができますよね。今は、インターネットで情報を発信しているお店も多いので、たくさん勉強されていて、それをお客さんに情報提供しているようなお店を見つけるチャンスも多いのではないかと思います。

編:なるほど!ちなみに、奥さまの聡子さんも、最初はふらりと業人さんのコーヒーショップを訪れて、衝撃を受けられたとか。

聡子: はい。でも最初はエスプレッソに牛乳を淹れたのしか飲めなかったんです。ましてや変なお店で飲むと、苦いし酸っぱいし…お金払って飲んでるのに、なんだろコレ、と思ってました。そんなわけで、初めてここに来てラテを飲んで、衝撃を受けたんです。コーヒーのイメージが変わるぐらい。今はニガテだったブラックも飲めるようになってきましたよ!

編:美味しかったんですねえ。私も初めて業人さんのコーヒーを飲んだときに衝撃を受けました!
旦那さまはプライベートでもコーヒーを淹れてくださいますか?

聡子:家でもずっと一人で淹れているので、それを飲ませてもらってます。飲んだことないようなコーヒーばかり!

末吉:家では研究のために、ほかのお店の豆を挽いて飲むことが多いです。…この人(聡子さん)、豆をガリガリ食べて「おいしい♪」って言ってるんですよ(笑)!

聡子:豆の味を、私の味覚が感じ取っている自覚があって。「コレ飲んでみたい!」って言ったりします。どんどん味への好奇心が高まっている気がします

編集:末吉家のお二人は、お客さんとしても、あらゆるやり方でほかのお店のコーヒーを味わっていると(笑)。夫婦のコーヒータイム習慣もありますか?

聡子:おもに夕食のあと、二人でゆったりコーヒーを味わう時間をつくっています。その日のことを報告し合ったりして飲んでいます。



沖縄セラードコーヒー
http://okinawa-cerrado.com/
沖縄県浦添市港川2丁目15番5-27号
TEL:(098)875-0123 

月~木 8:30−17:00(不在有)
金   9:30−17:00 (小売・テイクアウトドリンクの販売)
土   12:00-18:00(不定休有)
※店舗での小売・テイクアウトドリンクの販売のみ
※日・祝 休