HOME > WEB MAGAZINE > 編集日記#2「ずっと使いたい わたしだけの家具づくりガイド」


初めてオーダーするときは、ドキドキしますか?


先日「オーダーのコツ」のページをつくるために、あるお客様に取材をさせていただきました。
最初は、お客様の体験をもとに、コツをシンプルに短くまとめるだけにしようかと思っていました。
でも、お話を伺ってみると、そこには短いコツだけでは収まらない、悩みやドキドキがつまっていました。
ここにこそ、読んでいる方の知りたいことがあるのではないかと思い、その過程ごと原稿にすることにしました。
電話をかけてきてくださる時点で、
わたしたちの家具に興味を持ってくださっていると思うのですが、
とくに県外のお客様だったので、HPでひたすら「食器棚」「小さめ」「古材」などで画像検索されたようです。

本当にありがたい。

そこでヒットしたIndigoに「まず、なにを伝えるか?」とドキドキされたそうです。
なるほど!と思います。ふだんつきあいのない家具屋と話をする…ドキドキしないわけがありません。
でも、この取材で改めて
「家具をオーダーする人とされる人のコミュニケーションは、大切だけど、むずかしい」
ことを感じました。

そこで!
突然ですがここで特別企画(笑)。
「ドキドキしないために考えておけるとよいこと」を3ステップでご紹介しますね。

ステップ1 
まず「理想の暮らし」を想像してお伝えいただくとイメージが共有しやすくなります。
「家具がきたら、こんな使い方をしたい」
「家族のこんな人が使う毎日だと、今よりちょっと素敵な生活が送れるかも」
などがあれば、なんとなくでもよいので教えてくださいね。

ステップ2
次にサイズです。
たとえばここでは食器棚を例にあげると・・・
お部屋の置きたい空間の長さを測って、
そこにはまるようにしようと思いますよね。
外側の長さはそれで大丈夫なのですが、問題は内側。
これを気にしないがために、お気に入りのお皿が入らないなどということも!
とくに奥行きはみなさま、お部屋が広く見えるように控えめにされることが多いようです。
少し大きめかな?と思うぐらいでちょうどいいかもしれません。

ステップ3
最後は、「どんな家具がよいか」を、雰囲気でも伝えていただくのがよいと思います。
HPのラインナップをもとに、でもよいですし、簡単にイラストを書いていただいても。
「引き出しをもう一段入れてほしい」とか、「ベロはつけられますか?」とか、
「照明をなにかでひっかけられますか?」など、その家具を使って生活するときに、
あったらいいなというものがあれば、自由に考えましょう。

ステップ2や3については、お客様ご自身で考えるのは難しいこともあると思うので
わたしたちが質問を差し上げるなどで、やりとりさせていただいています。
あとは、色や材質、持ち手の種類などを提案させていただき、
自分だけの、家具の設計図ができあがります。

なお、Indigoでは店舗チームがお客様の窓口にたち、
お客様のご要望を製作チームに伝えていきます。

このお客様は、
この「自分の側に立って、暮らす人の目線でいっしょに考える」やりとりスタイルで、
不安がなくなっていき、オーダー家具のことを考えるのが楽しくなったとおっしゃっていました。

これまで自然にとっていたお店のコミュニケーションスタイルが、
そのようにお客様に受け入れていただいたことが、
とてもうれしかったです。

家具の完成は3月。
出来立てほやほやを撮影して、このお客様ストーリーのゴールに載せて
さらに、カモメデザインさんのイラストをあしらって
誌面に掲載しようと思っています。
かわいい誌面になるだろうなあ…と今からワクワクしています。

いつだってお客様は、いろいろな気づきを与えてくださる。
この気づきを、またさらによい形でみなさまにお返しできるよう
しっかりと記録と記憶に残しておきたいと思います。

次回は、「比嘉家の引越し」を通して発見したことをご紹介します。
お楽しみに。