HOME > WEB MAGAZINE > around “your”table♯3 久末尚さん・由佳さん(Soi)

♯3 久末 尚さん・由佳さん

こんにちは。
パーソナルな「お気に入りのコーヒータイム」をシェアしていただき、
「よりよいくらしを考える」ための記事、第三回目です。
今回は久末尚さん、由佳さん(Soi)ご夫婦にお話を伺っています。
どうぞよろしくお願いします!





わが家では、毎朝の朝食で必ずコーヒーを飲みます。
夏は豆乳で割った甘めのアイスコーヒーが定番。
秋から冬にかけては、ホットにして、カップで
カシャカシャ泡立てて飲みます。


子供たちも大好きで、寝起きが悪くても、
「コーヒーできたよ」と声をかけると自然と起きてきます。


お店が朝から営業で、子供たちも学校の準備等があり、
我が家の朝はかなり慌ただしいのですが、
4人で食卓を囲むこの短い時間は、家族にとって大切なものです。
そしてこの朝のひと時に、コーヒーもまた欠かせないものとなっています。




ホットコーヒーはフレンチプレスで。
ドリップよりも豆の味がダイレクトに感じられる気がします。
プレスはBODUM社製のものを使用。簡単で手間要らずなのもポイント。
アイスコーヒーはネルドリップで淹れています。


ホット、アイスともに淹れ方は栄町市場「potophoto」の山田さんより
ご教授いただきました。彼はわれわれのコーヒーの師匠です。

お気に入りのカップはいくつかあり、
そのときの気分にマッチしたものを選んでいます。


お店の近所にある器屋さん
(壺屋の「よかりよ」や「Garb Domingo」)で
いろいろ教えてもらいつつ、少しずつ買い集めています。
作り手さんについてのお話を伺いつつ購入した器には、
やはり思い入れも深くなります。


また個展会期中には、
作家さんがうちのお店にも足を運んでいただくことも多く、
自然と交流が深まるのは、壺屋という立地の良い点と感じています。

子供がアレルギーを持っているため、
おやつは自然と自分たちで作るようになりました。
最近の定番はこの2つ!


1:フーチバーとカカオニブのクッキー
無農薬のフーチバーをペーストにし、カカオニブ(カカオの実を砕いたもの。
チョコレートの代替としてしばしば使用される)と合わせたクッキー。


2:米粉のマフィン:米粉の風味と食感が感じられる素朴な味わい。
小麦粉不使用のグルテンフリーで、体にも優しいです。


おやつが軽めなので、深煎りでコクのあるコーヒーとの相性がとてもよいです。


たまにある「大人の時間」のときは、
浦添にあるreposさんのシナモンロールが「おとも」になるときもあります。
このシナモンロールは上にたっぷりとクリームがのっていて、コーヒーがすすむ一品です。

お店でお出ししているコーヒーの豆は
こちらのものを使わせてもらっており、
毎週買出しで必ず訪れます。
豆を購入するかたわら、コーヒーを注文して
店主の山田さんと何気ない会話をするのが、
忙しい買出しの日の貴重な息抜きになっています。


山田さんはコーヒーに対する愛情がとても深い方で、
いつもいろいろなお話を聞かせてもらっており、
とても勉強になっています。

PROFILE
久末 尚・由佳(ひさすえ たかし・ゆか)
沖縄好きが高じて2012年に東京より移住。
2013年に壺屋の路地裏でsoiをオープン。子供が2人。


Soi
那覇市壺屋1-7-18
TEL なし
定休日/日・月・祝
営業時間9:00~17:00(LO16:00)
Facebook/facebook.com/soi.naha