店舗内装「真打田仲そば」後編

内装・空間づくりからの学び 2017.05.12
そば好きの間でも、話題の「島豆腐と、おそば。真打田仲そば」。後編はオーナーの田中さんにお話を伺いました。内装をお手伝いさせていただいたIndigoについてもコメントをいただいています。

 

先日の記事でご紹介しました、名護にある「島豆腐と、おそば。真打田仲そば」。
前編は私たちから見た「田仲そば」のお話でしたが、
今回は、オーナーの田仲さんにうかがったお話を、紹介します。
 
今回のお店は、

「地元の名護のお客様に、たくさん来ていただけたら嬉しいです。“地元メシ”である沖縄そばも
 味やうつわを変えるだけで、こんなに新鮮なものになる!ということを楽しんでいただきたいです」
 
とのこと。
 
そう!今回のお店は、おそば屋さんでありながら、
やちむん好きのかたの中にもファンが多い「宮城陶器」さんのギャラリーにもなっています。
 
「宮城さんとは、宮城陶器さんが設立された頃からファンで仲良くさせていただいておりました。家庭で宮城さんのうつわを使っていると何気ない料理でもとても映えるんです。なので勝手に沖縄そば屋をするなら宮城さんにそばまかいは作ってもらおうと決め込んでいました。 笑 その想いをお伝えしたら快く引き受けて下さり、今回の流れになりました。お店の内装のコンセプトも“宮城さんの工房で食べる沖縄そば”なんです。
うつわは一部を今後販売していく予定ですよ。」
 
そばを楽しみながら、うつわを選べるなんて本当に楽しみ!
 
最後に、Indigoに関してもコメントをいただきました。
 
「実は他店の什器や自宅の家具もお願いしたことがあるんです。デザインだけでなく、毎日家具を作っているからこそわかるような使い勝手に配慮した提案をしてもらいました。機能的な店内に仕上がりましたし、これからお店と共に什器も成長をしていくのが楽しみです。」
 
田中さん、ありがとうございました!!
Indigoは、田中さんの思い、そしてデザイナーさんの感性に触れ、たくさんの学びを得させていただきました。「島豆腐と、おそば。真打田仲そば」で、たくさん地元のかた、観光のかたが、「新しい地元メシ」の価値に触れ、楽しんでくれますよう、Indigoも応援しています! 

「島豆腐と、おそば。真打田仲そば」
〒905-0021
沖縄県名護市東江3-20-28 1F
 
TEL  :090-1179-0826
営業時間:11:00~17:00(スープが無くなり次第終了)
定休日 :毎週火曜、第1・3水曜

 


 

Indigo
営業時間
水木金 11:00~16:00
土 11:00〜17:00
(日〜火はお休み)

 

098-894-3383

沖縄県読谷村楚辺 1119-3 1F